ジョブでルーチンを呼び出す - 7.2

標準

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン > ジョブフレームワーク > 標準ジョブ

手順

  1. 2つの[main] (メイン)行でリンクされ、コンポーネントtFixedFlowInputtMaptLogRowで構成されたCallRoutineDemoという名前のジョブを作成します。
  2. tFixedFlowInputをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  3. 入力データを生成するために、[Use Inline Content(delimited file)] (インラインコンテンツの使用(区切り記号付きファイル))ボタンにチェックを入れ、[content] (コンテンツ)フィールドに123456abcdを追加します。
  4. 省略記号ボタン(...)をクリックしてスキーマを編集し、以下に示すようにsource_dataという名前の新しいカラムを追加します。
  5. tMapをダブルクリックして設定し、Source_data行を出力テーブルにドラッグ&ドロップします。
  6. ルーチンを呼び出すために、New_dataという名前の出力に新しいカラムを追加し、新しいカラムの式ボックスにMyRoutineDemo.reverseString(row1.source_data)と入力します。
  7. tLogRowをダブルクリックして設定し、[print the result on the console with table model] (テーブルモデルを使って結果をコンソールに出力する)ボタンを選択します。
  8. ジョブを実行します。次の結果がコンソールに表示されます。
    
                            Starting job CallRoutineDemo at 12:18 24/07/2014.
                            [statistics] connecting to socket on port 3987
                            [statistics] connected
                            .-----------+--------.
                            |     tLogRow_1      |
                            |=----------+-------=|
                            |source_data|new_data|
                            |=----------+-------=|
                            |123456     |654321  |
                            |abcd       |dcba    |
                            '-----------+--------'
                            [statistics] disconnected
                            Job CallRoutineDemo ended at 12:18 24/07/2014. [exit code=0]