Talend ESBを使用してTalend Administration Centerコンテナーにサービスをデプロイする - 7.2

Talend Data Services Platform 入門ガイド

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Services Platform
Module
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
サービスがTalend Artifact Repositoryに公開されると、Talend ESBコンテナーにデプロイできるようになります。

手順

  1. Talend Administration Centerから左側のメニューの[ESB Conductor] (ESBコンダクタ)をクリックし、対応するページを表示します。
  2. 上部の[Add] (追加)ボタンをクリックし、右側に表示された[Conductor Task] (コンダクタタスク)フォームに入力します。
  3. [Metadata] (メタデータ)エリアの[Label] (ラベル)フィールドで、サービスデプロイタスクの名前を付けます。
  4. [Feature] (機能)エリアで[Select Feature] (機能の選択)ボタンをクリックし、[Select Feature from Nexus repository] (機能をNexusリポジトリーから選択)ウィザードを開きます。このウィザードは、このエリア以降のフィールドに入力するうえで役立ちます。
  5. [Repository] (リポジトリー)リストで[releases] (リリース)を選択し、[Customer Service ] (顧客サービス)機能に移動して選択します。[OK]をクリックすると、すべてのサービス機能情報がフォームに入力されます。
  6. [Runtime Config] (ランタイム設定)エリアの[Server] (サーバー)リストで、サービスをデプロイするコンテナーを選択します。
  7. [Save] (保存)をクリックすると、サービスデプロイタスクがリストに表示されます。
  8. [Deploy] (デプロイ)ボタンをクリックすると、Talend ESB[Server] (サーバー)リストで指定したコンテナーにサービスがデプロイされます。

    [Last Action] (最終アクション)カラムの値が、[CREATED] (作成済み)から[DEPLOYED] (デプロイ済み)に変わります。Talend ESBコンテナープロンプトにlistと入力すると、新しいバンドルである[Customer Service] (顧客サービス)がリスト表示されます。

    400 | Active   |  80 | 0.1.0.SNAPSHOT | CustomerService