Talend Administration Centerを開始して設定 - 7.2

Talend Data Services Platform 入門ガイド

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Services Platform
Module
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング

Talendサブスクリプション製品の1つを使っている場合は、この時点でTalend Administration Centerを開始する必要があります。

Talend Administration Centerから、以下のことができるようになります。

  • 新しいリモートプロジェクトの作成し、自らに新規ユーザーアカウントを作成し、この新しく作成したプロジェクトへのアクセス権を自らに与える。

    リモートプロジェクトの利点は、一元管理されるプロジェクトで何人ものユーザーが共同作業できることで、このプロジェクトは企業全体のプロジェクトに対して最小のプロジェクトとなります。

    詳細は、最初のユーザーとプロジェクトを設定を参照してください。

  • Talend Studioを介して開発されたSOAPサービス、RESTサービスジョブ、ルートなどのデータインテグレーションジョブとESBアーティファクトの Talend RuntimeTalend ESBコンテナーへの公開とデプロイをTalend Administration Centerから直接管理する。

    この操作を行うためには、Talend Administration Center Talend RuntimeTalend ESBコンテナーに接続させる必要があります。

    詳細は、Talend Runtime ContainerをTalend Administration Centerに接続を参照してください。