データモデルとデータコンテナーにアクセス - 7.2

Talend MDM Platform 入門ガイド

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend MDM Platform
Module
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
Talend MDM Web UIでデータの編集、クエリー、または抽出を行う前に、管理するデータを入れるデータコンテナーと、データ検証の基準とするデータモデルを指定する必要があります。

始める前に

  • MDMサーバーが起動済みであること。
  • Talend MDM Web UIにログインするための認証情報を持っていること。

手順

  1. カスタムロールをユーザーに割り当てるで新たに定義されたmovie_managerというユーザーとしてTalend MDM Web UIにログインします。
  2. [Welcome Page] (ウェルカムページ)が開いたら、右上の[Domain Configuration] (ドメイン設定)エリアでリストからMovieデータコンテナーを選択します。対応するデータモデルのMovieが自動的に選択されます。
  3. [Save] (保存)ボタンをクリックして変更を保存します。

タスクの結果

これで、ページの左側にある[Menu] (メニュー)パネルを使用して、選択したデータコンテナーに関連する情報にアクセスできます。データ変更はすべて、選択したデータモデルを基準に検証されます。