MDMオブジェクトをMDMサーバーにデプロイ - 7.2

Talend MDM Platform 入門ガイド

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend MDM Platform
Module
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
行った変更をランタイムに考慮に入れるには、データモデル、データコンテナー、およびビューなどのMDMオブジェクトは、常にMDMサーバーにデプロイしておく必要があります。

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで、デプロイするMDMオブジェクト(たとえば、データモデルMovie)を右クリックし、[Deploy To...] (デプロイ先...)を選択します。
  2. [Select a server location definition] (サーバーロケーションの定義を選択します)ダイアログボックスで、データモデルのデプロイ先とするサーバーを選択し、[OK]をクリックします。

    ダイアログボックスが開き、デプロイに成功したことが示されます。

  3. [OK]をクリックしてデータモデルのデプロイを完了します。
  4. 上記の手順を繰り返して、MDMプロジェクト用に作成したすべてのMDMオブジェクトをデプロイします。

タスクの結果

データモデル、データコンテナー、カスタムロール、およびビューなどのMDMオブジェクトをデプロイしたら、Talend StudioにおけるシンプルなMDMプロジェクトのプレパレーションは終了です。