データモデルの設定 - 7.2

Talend MDM Platform 入門ガイド

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend MDM Platform
Module
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
あらゆるMDMプロジェクトの初めに行う最初の手順には、データモデルのセットアップおよびそのデータモデル内にビジネスエンティティを作成する作業が含まれます。この例では、動画データモデルを作成します。

始める前に

MDMサーバーに対して有効な接続があること、および空のプロジェクトが作成済みであることを確認します。MDMサーバーへの接続を作成する方法の詳細は、『Talend Studio』を参照してください。

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで[Data Model] (データモデル)を右クリックして、コンテキストメニューから[New] (新規)を選択します。
  2. データモデルにMovieという名前を付け、[OK]をクリックします。

    この例では、[Create the corresponding Data Container at the same time] (対応するデータコンテナーを同時に作成する)チェックボックスがオンになっているため、対応する同じ名前のデータコンテナーが作成されます。

    データモデルとその対応するデータコンテナーは同じ名前でなければなりません。

タスクの結果

Studioワークスペースにエディターが開き、新しいデータモデルの詳細をそこで定義できます。新しいデータモデルとデータコンテナーは、[MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューにリスト表示されます。