ファイルへのデータの書き込み - 7.2

tCreateTemporaryFile

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ファイル制御 > tCreateTemporaryFile
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ファイル制御 > tCreateTemporaryFile
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ファイル制御 > tCreateTemporaryFile

手順

  1. tRowGeneratorコンポーネントをダブルクリックし、[RowGenerator Editor] (行生成エディター)を開きます。
  2. [+]ボタンをクリックして、整数型のidと文字列型のnameという2つのカラムを追加します。次に、[Functions] (関数)カラムで、idにはTalendDataGenerator.getFirstName()nameにはNumeric.sequence(String,int,int)という定義済みの関数の数値を選択します。
  3. [Number of Rows for RowGenerator] (生成する行数)フィールドに5と入力して5行を生成します。
  4. [OK]をクリックして変更を検証し、ポップアップダイアログボックスで表示される伝播を受け入れます。
  5. tFileOutputDelimitedコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. [File Name] (ファイル名)フィールドで、[Ctrl+Space]キーを押し、グローバル変数リスト((String)globalMap.get("tCreateTemporaryFile_1_FILEPATH")を選択します。