ソースデータの準備 - 7.2

Teradata

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Teradata
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Teradata
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Teradata

手順

  1. tFixedFlowInputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横の[...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
  3. [+]ボタンをクリックして、整数タイプの[id]、文字列タイプの[name]および[sex]という3つのカラムを追加します。
  4. [OK]をクリックしてスキーマエディターを閉じ、ポップアップダイアログボックスで表示される伝播を受け入れます。
  5. [Mode] (モード)エリアで、[Use Inline Content (delimited file)] (インラインコンテンツの使用: 区切りファイル)を選択し、[Content] (コンテンツ)フィールドに入力データを入力します。
    1;Ford;Male
    2;Rose;Female
    3;Sabrina;Female
    4;Teddy;Male
    5;Kate;Male
  6. tFileOutputDelimitedコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  7. [File Name] (ファイル名)フィールドで、入力データの書き込み先となるファイルを指定します。この例では、E:/person.csvになります。