出力コンポーネントの設定とジョブの実行 - 7.2

Text standardization

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > テキスト標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > テキスト標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > テキスト標準化コンポーネント

手順

  1. tFileOutputDelimitedをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [File Name] (ファイル名)フィールドで、出力ファイルへのパスを入力します。
  3. [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、前のコンポーネントからスキーマを取得します。
  4. オプション: [Include Header] (ヘッダーを含む)チェックボックスをオンにして、出力ファイルにカラムヘッダーを含めます。
  5. tFileOutputDelimitedコンポーネントの[Advanced settings] (詳細設定)タブで、[Encoding] (エンコーディング)リストからUTF-8を選択します。
  6. [F6] を押してジョブを実行します。

タスクの結果

トークン化されたテキストは、tFileOutputDelimitedコンポーネントの[File Name] (ファイル名)フィールドで定義したファイルに書き込まれます。

トークンを区切るためにスペースが追加されています。