トークン化を設定する - 7.2

Text standardization

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > テキスト標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > テキスト標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > テキスト標準化コンポーネント

手順

  1. tJapaneseTokenizeをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、前のコンポーネントからスキーマを取得します。
  3. [Tokenization] (トークン化)テーブルで、トークン化する日本語テキストが含まれている各スキーマカラムについて、[Tokenize] (トークン化する)カラムの対応するチェックボックスをオンにします。