ジョブを設定 - 7.2

Text standardization

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > テキスト標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > テキスト標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > テキスト標準化コンポーネント

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、メインの入力スキーマを保存し、関連するファイルをデザインワークスペースにドロップした場所で[Metadata] (メタデータ)-[DB Connections] (DB接続)を展開します。
    [Components] (コンポーネント)ダイアログボックスが表示され、対応するコンポーネントがデフォルトで選択されます。
  2. [OK]をクリックして、tMysqlInputコンポーネントをワークスペースにドロップします。
    このシナリオでは、[translation] (変換)という入力テーブルが使用されます。ここには、語幹となる英単語を持つ[translation] (変換)カラムを含むいくつかのカラムが保管されています。
  3. [Palette] (パレット)からtNormalizetFilterRowtStemtAggregateRowおよびtFileOutputExcelをデザインワークスペースにドロップします。
  4. [Filter] (フィルター)リンクを使用するtFilterRow - tStem接続を除き、[Main] (メイン)リンクを使用してコンポーネントを一緒に接続します。