入力コンポーネントを設定 - 7.2

Text standardization

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > テキスト標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > テキスト標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > テキスト標準化コンポーネント

手順

  1. tFixedFlowInputコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Edit Schema] (スキーマを編集)ボタンでスキーマを作成します。
    開くダイアログボックスで[+]ボタンをクリックし、入力データを保持するカラムを追加します。この例では、[column1][column2][column3]、および [column4]を追加します。最初の2つのカラムは、異なる言語で書かれた名前を保持します。
  3. [OK]をクリックします。
  4. [Number of rows] (行数)フィールドに、1と入力します。
  5. [Mode] (モード)エリアで、[Use Inline Content] (インラインコンテンツを使用)オプションを選択します。
  6. [Content] (コンテンツ)テーブルで、上の画像に示されるようにUnicode標準レパートリーの読みやすい文字に変換するデータを入力します。