データの翻字 - 7.2

Text standardization

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > テキスト標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > テキスト標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > テキスト標準化コンポーネント

手順

  1. tTransliterateをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、 コンポーネントのプロパティを定義します。
  2. 必要な場合は、[Sync columns] (カラムの同期)タブをクリックし、入力コンポーネントで定義されているスキーマを取得します。
    この例では、最初の2つのカラムのみが処理されます。[Edit schema] (スキーマを編集)ボタンをクリックすると、スキーマダイアログボックスが開き、入力および出力スキーマが表示されます。
  3. コンポーネントの基本設定ビューの[Transliteration] (翻字)テーブルで、標準文字に変換するカラムのとなりのチェックボックスをオンにします。