プロシージャー - 7.2

tFileCompare

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ファイル制御 > tFileCompare
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ファイル制御 > tFileCompare
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ファイル制御 > tFileCompare

手順

  1. ジョブを作成します。
    1. tFileUnarchivetFileComparetFileOutputDelimitedの各コンポーネントをドラッグ&ドロップします。
    2. [Iterate] (反復処理)接続を使ってtFileUnarchivetFileCompareにリンクさせます。
    3. [Main] (メイン)行リンクを使ってtFileCompareを出力コンポーネントに接続させます。
  2. tFileUnarchiveコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューで、アーカイブへのパスを入力して解凍します。
  3. [Extraction Directory](抽出ディレクトリー)フィールドで、未アーカイブファイルのデスティネーションフォルダーを入力します。
  4. tFileCompareコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューで、フィールドをクリックし、Ctrl + Spaceバーを押しながら[File to compare] (比較するファイル)フィールドに入力して、コンテキストメニューから"((String)globalMap.get("tFileUnarchive_1_CURRENT_FILEPATH"))"を選択します。
    この変数によってtFileUnarchiveコンポーネントの出力ファイルがフェッチされます。
  5. [Reference file] (参照ファイル)フィールドに、参照ファイルへのパスを入力します。
  6. メッセージのフィールドで、ファイルが異なるかどうか、またはファイルが同じであるかどうかを確認するメッセージを設定します(たとえば、"[job " + JobName + "] Files differ")。
  7. 実行の最後に表示するように定義されたメッセージについて、[Print to Console] (コンソールに印刷)オプションをオンにします。
    注: スキーマは読み取り専用で、標準的な情報データを含んでいます。[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックして表示させます。
  8. セミコロンをデータセパレーターとして使い、出力コンポーネントを通常どおり設定します。
  9. ジョブを保存し、F6を押して実行します。
    メッセージセットがコンソールに表示され、出力にスキーマ情報データが表示されます。