手順 - 7.2

tFileCopy

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ファイル制御 > tFileCopy
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ファイル制御 > tFileCopy
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ファイル制御 > tFileCopy

手順

  1. 新しいジョブを作成し、tFileListコンポーネントとtFileCopyコンポーネントを追加するには、その名前をデザインワークスペースに入力するか、[Palette] (パレット)からドロップします
  2. Row > Iterateリンクを使用して、tFileListtFileCopyに接続します。
  3. tFileListをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [Directory] (ディレクトリー)フィールドで、反復処理するディレクトリー(この例ではD:/Input)を参照するか、入力します。
  5. tFileCopyをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. [File Name] (ファイル名)フィールドで[Ctrl]+[Space]を押し、グローバル変数リストにアクセスして、リストからtFileList_1.CURRENT_FILEPATH変数を選択して、フィールドに((String)globalMap.get("tFileList_1_CURRENT_FILEPATH"))を入力します。
  7. ディレクトリーを参照して宛先ディレクトリーを設定するか、[Destination directory] (宛先ディレクトリー)フィールドにディレクトリーへのパスを入力します。
  8. 次の操作の1つを行います。
    • ファイルを移動するには、[Romove source file] (ソースファイルを削除)チェックボックスをオンにし、他のオプションはそのままにします。
    • ファイルをコピーするには、[Romove source file] (ソースファイルを削除)チェックボックスがオフであることを確認し、他のオプションはそのままにします。
    • ファイルの名前を変更するには、宛先ディレクトリーがファイルの現在のディレクトリーであることを確認し、[Rename] (名前の変更)オプションを選択し、[Destination filename] (宛先ファイル名)フィールドにファイルの新しいファイル名を入力して、[Remove source file] (ソースファイルの削除)オプションを選択します。次の図に示す例では、ファイル名の前に文字列renamed_を付けて、ファイル名を変更しています。
  9. Ctrl+Sを押してジョブを保存し、F6を押して実行します。
    宛先ディレクトリーで移動またはコピーされたファイルを確認したり、ソースディレクトリーで名前が変更されたファイルを確認したりできます。