ファイルの有無をチェックし、ファイルが存在しない場合は作成する - 7.2

tFileExist

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ファイル制御 > tFileExist
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ファイル制御 > tFileExist
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ファイル制御 > tFileExist

このシナリオでは、特定のファイルが存在するかどうかを確認し、ファイルが存在しないことを確認するためのグラフィカルなメッセージを表示し、別の特定のファイルに入力データを読み取り、出力区切りファイルに書き込むという簡単なジョブについて説明します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

ファイルが存在しないことを確認するダイアログボックスが表示されます。

[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じ、ジョブ実行プロセスを続行します。このシナリオでは、消失ファイルのファイル1が定義された場所にある区切り記号付きファイルに書き込まれました。