コンポーネントを設定 - 7.2

tFileList

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ファイル制御 > tFileList
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ファイル制御 > tFileList
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ファイル制御 > tFileList

手順

  1. tFileListをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、プロパティを定義します。
  2. 処理するファイルを保持する[Directory] (ディレクトリー)を参照します。ジョブ自体にパスを表示するには、ラベル(__DIRECTORY__)を使います。これは、[Directory] (ディレクトリー) フィールドの任意の場所にポインターを置くと表示されます。このラベルは、[Basic settings] (基本設定)ビューの[View] (表示)タブをクリックすると表示される[Label Format] (ラベル形式)フィールドに入力します。
  3. [Basic settings] (基本設定)ビューの[FileList Type] (ファイルリストタイプ)リストから、処理するソースタイプ(この例では[Files] (ファイル)を選択します。
  4. [Case sensitive] (大文字と小文字を区別)リストで、大文字と小文字を区別するモードを選択します。この例では[Yes] (はい)を選択して、ファイル名に大文字と小文字を区別するフィルターを作成します。
  5. グローバル式を使ってファイルをフィルタリングし、[Filemask] (ファイルマスク)フィールドでファイルマスクを定義する場合は、[Use Glob Expressions as Filemask] (Glob式をファイルマスクとして使用)チェックボックスをオンのままにします。
  6. tFileInputDelimitedをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、プロパティを設定します。
  7. tFileList[Basic settings] (基本設定)に入力したとおりに 、現在のファイル名パスを含む変数を使って[File Name] (ファイル名)フィールドに入力します 。[Ctrl]+[Space]を押して変数のオートコンプリートリストにアクセスし、グローバル変数 ((String)globalMap.get("tFileList_1_CURRENT_FILEPATH"))を選択します。このようにして、入力ディレクトリー内のすべてのファイルを処理できます。
  8. tFileInputDelimitedセクションの詳細に従って、他のすべてのフィールドに入力します。関連項目: tFileInputDelimited
  9. 最後のコンポーネントであるtLogRowを選択し、その[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、コンソールに表示されるフィールドコンテンツを区別するために使う区切り文字を入力します。関連項目: tLogRow