ジョブを保存して実行 - 7.2

XML

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > XMLコンポーネント

手順

  1. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存します。
  2. [F6]を押してジョブを実行します。

タスクの結果

入力EDIFACT CUSCARメッセージファイルがXML形式に変換され、出力XMLファイルが定義どおりに生成されます。