Redshiftへの接続を開く - 7.3

Amazon Redshift

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon Redshift
データガバナンス > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon Redshift
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon Redshift

手順

  1. tRedshiftConnectionをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Property Type] (プロパティタイプ)ドロップダウンリストから[Built-In] (組み込み) を選択します。
    [Host] (ホスト)[Port] (ポート)[Database] (データベース)[Schema] (スキーマ)[Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード)フィールドに、Redshiftへの接続に必要な情報を入力します。
  3. [Advanced settings] (詳細設定)ビューで[Auto Commit] (自動コミット)チェックボックスをオンにして、Redshiftへの変更をトランザクションのたびにコミットします。