tApacheLogInput標準プロパティ - 7.3

Apache log

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > Apacheログ
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > Apacheログ
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > Apacheログ

これらのプロパティを使って、[Standard] (標準)ジョブフレームワークで実行されているtApacheLogInputを設定します。

[Standard] (標準) tApacheLogInputコンポーネントは、ファイルファミリーに属しています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Property type] (プロパティタイプ)

[Built-in] (組み込み)または[Repository] (リポジトリー)のいずれかで次の設定を行います。

 

[Built-In] (組み込み): プロパティデータは一元的に保存されません。

 

[Repository] (リポジトリー): プロパティを保存するリポジトリーファイルを選択します。後続フィールドは、取得されたデータを使用して自動的に入力されます。

[Schema] (スキーマ)および[Edit Schema] (スキーマを編集) (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明で、処理された後に次のコンポーネントに渡されるフィールドの数を定義するものです。スキーマは[Built-in] (組み込み)か、[Repository] (リポジトリー)にリモートで保存されます。

tApacheLogInputを使用するコンテキストでは、スキーマは読み取り専用になります。

 

[Built-In] (組み込み): このコンポーネントに対してのみ、スキーマが作成され、ローカルに保管されます。関連項目: Talend Studio ユーザーガイドを参照してください。

 

[Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保存されています。さまざまなプロジェクトやジョブフローチャートで再利用できます。関連項目: Talend Studio ユーザーガイドを参照してください。

File name (ファイル名)

処理するファイル名および/または変数名。

ジョブで変数を定義して使用する方法の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

Die on error (エラー発生時に強制終了)

このチェックボックスをオンにすると、エラー発生時にジョブの実行が停止されます。エラーの発生した行をスキップし、エラーが発生していない行の処理を完了するには、このチェックボックスをオフにします。必要に応じてRow > Rejectリンクを使用してエラー発生時に行を収集できます。

詳細設定

Encoding (エンコーディング)

一覧からエンコードの種類を選択するか、[Custom] (カスタム)を選択して手動で定義します。このフィールドは、DBデータ処理で必須です。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルで処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

NB_LINE: 処理された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

tApacheLogInput は、他のコンポーネントまたはスタンドアロンコンポーネントと共に使用できます。[Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用してデータフローを作成するか、 [Row] (行) > [Reject] (リジェクト)接続を使用して指定したデータをフィルタリングするためのリジェクトフローを作成できます。この2つのリンクを使用する方法の例は、手順を参照してください。