Avroデータの読み取り - 7.3

Avro

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > Avro
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > Avro
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > Avro

このタスクについて

tAvroInputの設定

手順

  1. tAvroInputをダブルクリックして、その[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横のボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
  3. ボタンを4回クリックして、[Column] (カラム)カラムに4つの行を追加し、名前をそれぞれ、IdFirstNameLastNameReg_dateに変更します。
  4. [Type] (タイプ)カラムで、Id[Integer] (整数)を、Reg_date[Date] (日付)を選択します。このシナリオで使用される日付パターンは、dd-MM-yyyyです。
  5. [OK]をクリックしてこれらの変更を確定し、ポップアップ表示されるダイアログボックスで求められるプロパゲーションを承認します。
  6. [Folder/File] (フォルダー/ファイル)フィールドにパスを入力するか、ジョブに読み込むソースファイルに移動します。