入力フローの設定 - 7.3

Bonita

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Bonita
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Bonita
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Bonita

手順

  1. tFixedFlowInputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある3点ボタンをクリックして、スキーマエディターを開きます。
  3. [+]ボタンをクリックして1行追加し、名前をNameに変更します。
    この名前は、同じプロセスを実行するためにBonitaで設定されたパラメーターと同じです。このようにして、Bonitaはこのカラムを有効なパラメーターとして認識し、その値を読み取ってこのプロセスをインスタンス化できます。
  4. [OK]をクリックします。
  5. [Basic settings] (基本設定)ビューの[Mode] (モード)エリアで、[Use inline table] (インラインテーブルの使用)オプションを選択し、[+]ボタンをクリックして、テーブルに1行を追加します。
  6. インラインテーブルで、追加された行をクリックし、引用符で囲まれた担当者の名前を入力します: ychen。リクエストはこのデプロイされたプロセスで処理されます。