コンポーネントを設定 - 7.3

Bonita

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Bonita
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Bonita
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Bonita

手順

  1. tBonitaDeployをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Bonita Runtime Jaas File] (BonitaランタイムJAASファイル)フィールドで、jaasファイルのパスと名前を指定します。
    [Bonita Runtime Logging File] (Bonitaランタイムログファイル)フィールドで、ログファイルのパスと名前を指定します。
    [Business Archive] (ビジネスアーカイブ)フィールドで、Bonitaプロセスのパスと名前を指定します。
  3. [Username] (ユーザー名)および[Password] (パスワード)フィールドに、ユーザー認証情報を入力します。
  4. tBonitaInstantiateProcessをダブルクリックして、 [Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  5. [Bonita Runtime Jaas File] (BonitaランタイムJAASファイル)フィールドで、jaasファイルのパスと名前を指定します。
    [Bonita Runtime Logging File] (Bonitaランタイムログファイル)フィールドで、ログファイルのパスと名前を指定します。
  6. [Process Name] (プロセス名)フィールドと[Process Version] (プロセスバージョン)フィールドに、プロセス情報を入力します。
  7. [Username] (ユーザー名)および[Password] (パスワード)フィールドに、ユーザー認証情報を入力します。
  8. tLogRowをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  9. [Mode] (モード)エリアで、[Table (print values in cells of a table] (テーブル: テーブルのセルに値を印刷)を選択すると表示が見やすくなります。