コンポーネントの設定 - 7.3

Box

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Box
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Box
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Box

手順

  1. tBoxConnectionコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. Boxアカウントにアクセスするための関連フィールドに、クライアントキー、クライアントシークレット、アクセストークン、およびリフレッシュトークンを二重引用符で囲んで入力します。
  3. tBoxPutコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  4. [Use Existing Connection] (既存の接続を使用)チェックボックスをオンにすると、tBoxConnectionによって作成された接続を再利用できます。
    [Remote Path] (リモートパス)フィールドに、ファイルをアップロードする宛先パスを入力します。
    [Upload mode] (アップロードモード)エリアで[Upload Local File] (ローカルファイルのアップロード)を選択します。[File] (ファイル)フィールドに、ファイルパスを入力するか、アップロードするファイルを参照します。
  5. tBoxGetコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  6. [Use Existing Connection] (既存の接続を使用)チェックボックスをオンにすると、tBoxConnectionによって作成された接続を再利用できます。
    [Path] (パス)フィールドに、ダウンロードするファイルのパスを入力します。
    [Save As File] (ファイルとして保存)チェックボックスをオンにします。[Save To] (保存先)フィールドに、ファイルをローカルファイルシステムに保存するファイルパスを入力します。
  7. ジョブを保存します。