tBoxCopy標準プロパティ - 7.3

Box

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Box
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Box
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Box

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtBoxCopyを設定するために使います。

Standard tBoxCopyコンポーネントはCloudファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Use existing connection] (デフォルト接続を使用)

定義済みの接続の詳細を再利用するには、このチェックボックスをオンにして、[Component List] (コンポーネントリスト)で該当する接続コンポーネントをクリックします。

[Connection/Client Key] (接続/クライアントキー)

Boxにより要求されるクライアントキーを入力してBox APIにアクセスします。クライアントキーとクライアントシークレットを取得するには、https://developers.box.com/でアカウントを作成し、使用するBoxアカウントの下にBoxアプリを作成する必要があります。クライアントキーとクライアントシークレットは、アカウントアプリケーションの設定から取得できます。

[Connection/Client Secret] (接続/クライアントシークレット)

Boxにより要求されるクライアントシークレットを入力してBox APIにアクセスします。クライアントキーとクライアントシークレットを取得するには、https://developers.box.com/でアカウントを作成し、使用するBoxアカウントの下にBoxアプリを作成する必要があります。クライアントキーとクライアントシークレットは、アカウントアプリケーションの設定から取得できます。

[Connection/Access Token] (接続/アクセストークン)

Boxにより要求されるアクセストークンを入力してBoxアカウントにアクセスして操作します。アクセストークンと更新トークンを取得する方法は、https://developers.box.com/からアクセスできるBoxのドキュメントをご確認ください。

[Connection/Refresh Token] (接続/更新トークン)

Boxにより要求される更新トークンを入力してアクセストークンを自動的に更新します。アクセストークンと更新トークンを取得する方法は、https://developers.box.com/からアクセスできるBoxのドキュメントをご確認ください。

[Connection/Use HTTP proxy] (接続/使用HTTPプロキシ)

プロキシを使用している場合は、このチェックボックスをオンにして、表示される各フィールドにそのプロキシのホストとポートの情報を入力します。

[Move Directory] (ディレクトリーの移動)

Box内のディレクトリーを移動するには、このチェックボックスをオンにします。

[Copy Directory] (ディレクトリーのコピー)

Box内のディレクトリーをコピーするには、このチェックボックスをオンにします。

[File name] (ファイル名)

コピーするBoxにパスを含むファイル名を入力します。

[Source Directory] (ソースディレクトリー)

このオプションは、[Move Directory] (ディレクトリーの移動)または[Copy Directory] (ディレクトリーのコピー)チェックボックスがオンの場合に表示されます。移動またはコピーするソースディレクトリーをBoxに入力します。

デスティネーションディレクトリー

指定したファイルまたはディレクトリーのコピーまたは移動先のボックスに、宛先ディレクトリーを入力します。

[Rename] (名前の変更)

コピーするファイルまたはディレクトリーの名前を変更するには、このチェックボックスをオンにします。ファイルをコピーする時は、[Destination File Name] (デスティネーションファイル名)フィールドに新しいファイル名を指定します。ディレクトリーをコピーする時は、[New Directory Name] (新規ディレクトリー名)フィールドに新しいディレクトリー名を入力します。

ソースファイルの削除

コピーアクション中にソースファイルを削除するには、このチェックボックスをオンにします。

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

このコンポーネントのスキーマは読み取り専用で、destinationFilePathdestinationFileNamesourceDirectorydestinationDirectoryという名前の4つのカラムを持ちます。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

DESTINATION_FILENAME: 宛先ファイルの名前。これはAfter変数で、文字列を返します。

DESTINATION_FILEPATH: 宛先ファイルのパス。これはAfter変数で、文字列を返します。

SOURCE_DIRECTORY: ソースディレクトリー。これはAfter変数で、文字列を返します。

DESTINATION_DIRECTORY: 宛先ディレクトリー。これはAfter変数で、文字列を返します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは通常、Dropboxからデータをコピーまたは削除するためにサブジョブでスタンドアロンで使います。