tBoxPut標準プロパティ - 7.3

Box

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Box
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Box
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Box

このプロパティは[Standard] (標準)ジョブフレームワークで実行するtBoxPutを設定するために使用します。

Standard(標準)tBoxPutコンポーネントはCloudファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Use existing connection] (デフォルト接続を使用)

定義済みの接続の詳細を再利用するには、このチェックボックスをオンにして、[Component List] (コンポーネントリスト)で該当する接続コンポーネントをクリックします。

[Connection/Client Key] (接続/クライアントキー)

Boxにより要求されるクライアントキーを入力してBox APIにアクセスします。クライアントキーとクライアントシークレットを取得するには、https://developers.box.com/でアカウントを作成し、使用するBoxアカウントの下にBoxアプリを作成する必要があります。クライアントキーとクライアントシークレットは、アカウントアプリケーションの設定から取得できます。

[Connection/Client Secret] (接続/クライアントシークレット)

Boxにより要求されるクライアントシークレットを入力してBox APIにアクセスします。クライアントキーとクライアントシークレットを取得するには、https://developers.box.com/でアカウントを作成し、使用するBoxアカウントの下にBoxアプリを作成する必要があります。クライアントキーとクライアントシークレットは、アカウントアプリケーションの設定から取得できます。

[Connection/Access Token] (接続/アクセストークン)

Boxにより要求されるアクセストークンを入力してBoxアカウントにアクセスして操作します。アクセストークンと更新トークンを取得する方法は、https://developers.box.com/からアクセスできるBoxのドキュメントをご確認ください。

[Connection/Refresh Token] (接続/更新トークン)

Boxにより要求される更新トークンを入力してアクセストークンを自動的に更新します。アクセストークンと更新トークンを取得する方法は、https://developers.box.com/からアクセスできるBoxのドキュメントをご確認ください。

[Connection/Use HTTP proxy] (接続/使用HTTPプロキシ)

プロキシを使用している場合は、このチェックボックスをオンにして、表示される各フィールドにそのプロキシのホストとポートの情報を入力します。

[Remote Path] (リモートパス)

コンテンツの書き込みに必要なファイルをポイントするパスを入力します。このファイルが存在しない場合は、ここで作成されます。

[Replace if Existing] (既存の場合置換)

このチェックボックスをオンにすると、アップロードしたファイルで既存のものが置き換えられます。

[Upload mode] (アップロードモード)

使用するアップロードモードを選択します:

  • [Upload incoming content as file] (受信したコンテンツをファイルとしてアップロード): このラジオボタンを選択すると、先行のコンポーネントの入力フローからデータを直接読み取り、[Remote Path] (リモートパス)フィールドで指定されたファイルにデータが書き込まれます。

  • [Upload local file] (ローカルファイルのアップロード): このラジオボタンを選択すると、ローカルに保存されたファイルがBoxにアップロードされます。表示される[File] (ファイル)フィールドで、パスを入力するか、このファイルを参照する必要があります。

  • [Expose as OutputStream] (出力ストリームとして公開): このチェックボックスをオンにすると、このコンポーネントの出力ストリームが公開され、他のコンポーネントが使用してファイルコンテンツを書き込むことができるようになります。たとえば、tFileOutputDelimitedコンポーネントの[Use output stream] (出力ストリームの使用)フィーチャーを使用し、任意のtBoxPutの公開出力ストリームをフィードできます。詳細は、tFileOutputDelimitedを参照してください。

[Schema] (スキーマ)および[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

このコンポーネントのスキーマは、[content]という単一の読み取り専用カラムで、入力スキーマの[content]カラムからのみデータを受け取ります。このことは入力データフローの[content]カラムを使用してデータを転送し、アップロードする必要があることを意味しています。このタイプのカラムは、通常tFileInputRawコンポーネントによって提供されます。詳細は、tFileInputRawを参照してください。

[Schema] (スキーマ)フィールドは[Expose as OutputStream] (出力ストリームとして公開)または[Upload local file] (ローカルファイルのアップロード)アップロードモードを選択した際には使用できません。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントでは、スタンドアロンのサブジョブでローカルファイルをBoxに直接アップロードするか、ジョブフローの終了コンポーネントとしてフローで処理される特定のデータをアップロードするか、いずれかの操作を行います。