tCassandraBulkExec標準プロパティ - 7.3

Cassandra

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Cassandra
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Cassandra
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Cassandra

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtCassandraBulkExecを設定するために使います。

Standard tCassandraBulkExecコンポーネントはビッグデータファミリーとデータベースNoSQLファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、ビッグデータ対応のTalend 製品すべて、およびTalend Data Fabricで使用できます。

基本設定

[Property type] (プロパティタイプ)

[Built-In] (組み込み)または[Repository] (リポジトリー)のいずれか。

[Built-In] (組み込み): プロパティデータは一元的に保存されません。

[Repository] (リポジトリー): プロパティを保存するリポジトリーファイルを選択します。

[DB Version] (DBバージョン)

使っているCassandraバージョンを選択します。Cassandra2.0.0はJVM1.7でのみ機能します。

Host (ホスト)

Cassandraサーバーのホスト名またはIPアドレス。

[Port] (ポート)

Cassandraサーバーのリスニングポート番号。

[Required authentication] (認証の要求)

このチェックボックスをオンにすると、Cassandra認証の認証情報が提供されます。

[Username] (ユーザー名)

このフィールドにCassandra認証のユーザー名を入力します。

[Password] (パスワード)

このフィールドにCassandra認証のパスワードを入力します。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

[Use configuration file] (設定ファイルを使う)

このチェックボックスをオンにし、表示されるフィールドでパスを入力するか、Cassandraのメイン設定ファイルのcassandra.yamlを参照します。

これによりこのコンポーネントにcassandra.yamlの設定をインポートして直接使用できます。これにはSSL暗号化のプロパティなど、多数の詳細Cassandraプロパティを含めることができます。

別のCassandra環境でジョブを実行する必要がある場合は、このフィーチャーによりジョブ間の設定を簡単に切り替えることができます。

このcassandra.yamlの詳細は、『Cassandraの設定』を参照してください。

[Keyspace]

SSTableの書き込み先にキースペースの名前を入力します。

[Column family] (カラムファミリー)

SSTableの書き込み先にカラムファミリーの名前を入力します。

[SSTable directory] (SSTableディレクトリー)

CassandraにロードするSSTableのローカルディレクトリーを指定します。SSTableへの完全パスは、指定されたキースペース名とカラムファミリー名が追加されたローカルディレクトリーになります。

たとえば、ローカルディレクトリーを/home/talend/sstable、キースペース名としてtestk、カラムファミリー名としてtestcを指定すると、SSTableへの完全パスは/home/talend/sstable/testk/testc/となります。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントはスタンドアロンコンポーネントとして使用できます。

制限事項

現在、このコンポーネントを実行すると、ジョブ全体が終了します。