コンポーネントをドロップしてリンク - 7.3

Chart

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Chart
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Chart
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Chart

手順

  1. [Palette] (パレット)からデザインワークスペースに次のコンポーネントをドロップします。tFileDeleteを2つ、tFileInputDelimitedを2つ、tMaptFileOutputDelimitedを3つ、tLineChart
  2. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、最初のtFileInputDelimitedtMapに接続します。
  3. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使ってtMapを最初のtFileOutputDelimitedに接続し、接続にTV_Aという名前を付けます。
  4. 上記の手順を繰り返して、[Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使ってtMapを他の2つのtFileOutputDelimitedに接続し、接続にそれぞれTV_BTV_Cという名前を付けます。
  5. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、セクションtFileInputDelimitedtLineChartに接続します。ターゲットコンポーネントからスキーマを取得するかどうかを尋ねられたら、[Yes] (はい)をクリックします。
  6. [Trigger] (トリガー) > [On Subjob Ok] (サブジョブがOKの場合)接続を使って、最初のtFileInputDelimitedを2番目のtFileInputDelimitedに接続します。
  7. [Trigger] (トリガー) > [On Subjob Ok] (サブジョブがOKの場合)接続を使って、最初のtFileDeleteを最初のtFileInputDelimitedに、2番目のtFileInputDelimitedを2番目のtFileDeleteな接続します。
  8. コンポーネントのラベルを、その機能をわかりやすく説明するものに変更します。

タスクの結果