データの抽出およびフィルタリング - 7.3

CombinedSQL

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > CombinedSQL
データガバナンス > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > CombinedSQL
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > CombinedSQL

手順

  1. デザインワークスペースでtCombinedSQLInputを選択し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックして構成パネルにアクセスします。
  2. ソーステーブル名を入力します。この場合は、[Table] (テーブル)フィールドにemployeesと入力します。
  3. [Schema] (スキーマ)フィールドで、リストから[Repository] (リポジトリー)を選択し、空のフィールドの右の[...]ボタンをクリックして、保存したスキーマをロードします。tFixedFlowInputの設定を構成します。
  4. [Repository Content] (リポジトリーコンテンツ)ウィンドウで、[Generic schemas] (汎用スキーマ)を展開し、スキーマを選択します。
  5. [...]ボタンをクリックして、[Edit schema] (スキーマ編集)をします。
  6. [View schema] (スキーマの表示)を選択し、テーブルの最初のカラムで、[first_name] (姓)[last_name] (名)、および[city] (市区町村)のチェックボックスをオフにします。