DBMSでのテーブル列の直接のフィルタリングと集計 - 7.3

CombinedSQL

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > CombinedSQL
データガバナンス > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > CombinedSQL
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > CombinedSQL

以下のシナリオでは、MySQLデータベースの接続をオープンするジョブを作成します:

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

  • データベーステーブルに入力データを取り込みます。

  • フィルタリングされたデータの出力テーブルを作成します。

  • 一部のデータベーステーブルからスキーマをインスタンス化します(カラムフィルタリングの場合)。

  • 同じテーブル内の2つのカラムをフィルタリングして、2つのフィルタリング条件を満たすデータのみ取得します。

  • フィルタリングされたカラムからデータを収集し、特定の値でグループ化し、集計されたデータをターゲットデータベーステーブルに書き込みます。