MySQLでの出力データの書き込み - 7.3

CombinedSQL

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > CombinedSQL
データガバナンス > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > CombinedSQL
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > CombinedSQL

手順

  1. デザインワークスペースでtCombinedSQLOutputを選択し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックして構成パネルにアクセスします。
  2. [Database type] (データベースタイプ)リストで、関連するデータベースを選択します。
  3. [Component] (コンポーネント)リストで、複数の接続が使用されている場合は、関連するデータベース接続コンポーネントを選択します。
  4. [Table] (テーブル)フィールドに、集計操作の結果を保管するターゲットテーブルの名前を入力します。この場合はempl_by_stateになります。
    tCombinedSQLOutputコンポーネントを使用するには、データベースに出力テーブルが既に存在している必要があります。そのためシナリオの前半で[empl_by_state]テーブルを作成しています。
    この例では、データベースがOracleではないため、[Schema] (スキーマ)フィールドにデータを入力する必要はありません。
  5. [Sync columns] (カラムの同期)ボタンをクリックして、先行コンポーネントからスキーマを取得します。
    このシナリオでは、tCombinedSQLOutputでジョブデザイン(tCombinedSQLAggregate)の前のコンポーネントからstate、empl_count、avg_salary、min_salary、max_salary、oldest_empl、 およびyoungest_emplという7つのカラムをインスタンス化します。