コンポーネントの設定 - 7.3

Context

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > Context components
データガバナンス > サードパーティーシステム > Context components
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > Context components

手順

  1. tFileInputDelimitedコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)パネルで、[File name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドに、先ほど定義した関連するコンテキスト変数context.filenameを入力します。
  2. ファイルスキーマを手動(組み込み)で定義します。[key] (キー)および[value] (値)という2つのカラムを定義します。
  3. 次のコンポーネントに伝達する定義済みのスキーマを受け入れます(tContextLoad)。
  4. tContextLoadコンポーネントの[Dynamic settings] (動的設定)ビューで、[+]ボタンをクリックしてテーブルに行を追加し、定義したコンテキスト変数printOperationsを使用するように[Code] (コード)フィールドにcontext.printOperations値を入力します。[Basic settings] (基本設定)ビューの[Print operations] (印刷操作)チェックボックスが強調表示され、使用できなくなっていることにご注意ください。
  5. tMysqlInputコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. [Host] (ホスト)[Port] (ポート)[Database] (データベース)[Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード)フィールドに、この例では[Contexts] (コンテキスト)タブビュー: context.hostcontext.portcontext.databasecontext.usernamecontext.password、定義された[Table Name] (テーブル名)フィールドを実際のデータベーステーブル名と比較し、 この例ではcustomersを両方のデータベースに対して使います。
  7. 次に、[Schema] (スキーマ)情報を入力します。[Repository Metadata] (リポジトリーメタデータ)にスキーマを保管している場合は、[Repository] (リポジトリー)を選択して、リストから関連項目を選択して、スキーマを取得できます。
    この例では、両方のデータベーステーブルのスキーマは[id] (INT、2文字)[firstName] (VARCHAR、15文字)[lastName] (VARCHAR、15文字)、および [city] (VARCHAR、15文字)という4つのカラムで構成されています。
  8. [Query] (クエリー)フィールドに、指定したDBテーブルで実行するSQLクエリーを入力します。この例では、単に[Guess Query] (クエリーの推測)をクリックし、tLogRowコンポーネントにより[Run] (実行)タブに表示されるテーブルのすべてのカラムを取得しています。
  9. tLogRowコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューで、[Table] (テーブル)オプションを選択し、データレコードをテーブル形式で表示します。