Talend Data Catalogパッチを適用 - 7.3

Linux版Talend Data Catalogインストール&アップグレードガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
linux
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Data Catalog
Content
インストールとアップグレード

パッチとはバグの修正が含まれているソフトウェアアップデートのことです。

パッチは累積的であるため、すべての収集エージェントをはじめとして、インストールが最新の状態に保たれるよう、Talend Data Catalogでは利用可能な最新のパッチを適用することをお勧めしています。

利用できるパッチファイルは2種類ありますが、どちらも.zip形式のみです。両方とも同じ方法でインストールします。同時に適用する場合は古いタイムスタンプのものを最初に適用し、その後に新しいものを適用します。
このページの
  • x.yはパッケージのバージョン番号(メジャー.マイナー)を表します。
  • YYYYMMDDはパッケージのタイムスタンプを表します。
ファイル名 説明 メモ
TDC-CumulativePatch-x.y-yyyymmdd.zip パッケージにはTalend Data CatalogアプリケーションサーバーとUI用のパッチが含まれています。 オペレーティングシステムに応じて、ファイルの次のフォルダーの内容を使います。
  • MACOSXの場合: _MACOSX/TDC-CumulativePatch-x.y-yyyymmdd for .
  • Windows/Linux/UNIXの場合: TDC-CumulativePatch-x.y-yyyymmdd for .
TDC-bridges-CumulativePatch-x.y-yyyymmdd.zip パッケージにはTalend Data Catalogのインポートブリッジとエクスポートブリッジ用のパッチが含まれています。 オペレーティングシステムに応じて、ファイルの次のフォルダーの内容を使います。
  • MACOSXの場合: _MACOSX/TDC-bridges-CumulativePatch-x.y-yyyymmdd
  • Windows/Linux/UNIXの場合: TDC-bridges-CumulativePatch-x.y-yyyymmdd

パッチは.zipファイルとして提供されており、Windowsサーバーへのインストールに必要な.dllファイルがすべて含まれている場合があります。LinuxとUNIXでは、このファイルを解凍してbinサブフォルダー内の.dllファイルと.exeファイルを削除し、フォルダー構造を適切なアーカイブファイル形式(.tbz2など)に再圧縮できます。

また、ModelBridgeList-yyyymmdd.xmlという別のパッチファイルをダウンロードしてインストールに適用することもできます。このファイルには新しいブリッジや更新されたブリッジがいくつか含まれていることがあります。