互換性があるデータベース - 7.3

Linux版Talend Data Catalogインストール&アップグレードガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
linux
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Data Catalog
Content
インストールとアップグレード
Talend Data Catalogで使用できるサポート対象のデータベースに関する情報は次のとおりです。

このドキュメンテーションで使用されている用語は次のとおりです。

  • 推奨: 経験とカスタマー事例に基づいてTalendにより推奨される環境を示します。
  • サポート: リストされているコンポーネントまたはサービスの使用においてサポートされる環境を示します。
  • 制限付きでサポート: メモで説明されている特定の条件付きでTalendによってサポートされる環境を示します。
サポートタイプ データベース(64ビット)
推奨 Oracle 12c、18c、19c 3
サポート Microsoft SQL Server 2008 R2~2019 1
PostgreSQL 10以降 1 2

1 Amazon RDSはサポートされています。

2 Aurora PostgreSQL RDSはサポートされていません。

3 ノード間の自動負荷分散(1つのノードへの書き込みが他のノードに複製されること)が設定されている場合、Oracle Real Application Clusters (RAC)はサポートされません。Oracle RACは、あるノードから別のノードへのフェイルオーバーを適切に設定すれば動作することがあります。

Talend Data Catalogデータベースサーバーは、既存のOracle、SQL Server、PostgreSQLサーバーを再利用できます。

Oracleで既存のデータベースを再利用する場合

  • データベースの文字セットはAL32UTF8 (UTF8)であることが必要です。
  • インストールされているOracleエディション/バージョンは次の方法でチェックできます。
    sqlplus SYS@<DB-NAME> as SYSDBA
     select banner from v$version where BANNER like '%Edition%';
    
  • Oracleデータベースで実際に使用できるメモリの量を確認する場合は、Oracleのメモリの設定と使われ方のしくみをご参照ください。
  • Oracleデータベースで使用できるCPU/コアの処理量を確認する場合は、v$parameterテーブルでcpu_countの値をクエリーするか、v$licenseテーブルで次のようにクエリーします。
    sqlplus SYS@<DB-NAME> as SYSDBA
     select * from v$license;                                 

Microsoft SQL Serverで既存のデータベースを再利用する場合

  • 大文字と小文字を区別しない方法でSQLを解釈するようにデータベースを設定済みであることが必要です。大文字と小文字を区別しない照合は、Latin1_General_CI_ASとしてください。
  • 最新のMicrosoftパッチを適用済みであることが必要です。

PostgreSQLで既存のデータベースを再利用する場合

  • libxmlが必要です。これを使ってPostgreSQLを再ビルドしなければならない場合があります。

データベースのインストール、セットアップ、アンインストールにはデータベース管理者の権限が必要です。

一般的に、Talend Data Catalogデータベースを作成する前に特定のデータベースバージョンの最新のサービスパックをインストールしておくことが常に必要です。

大規模なデプロイ

ディスクI/Oを回避して検索レスポンスタイムを迅速化できるよう、インデックスをメモリに保持しなければならない大規模なデプロイではOracle 12cを推奨します。その場合、Oracle 12cサーバーには、十分なメモリ(KEEPバッファープール用)、十分なプロセッサー速度(1回の検索用)、十分なコア数(複数ユーザーによる並行検索用)が必要です。