HTTPS経由でメタデータ収集用の別のTalend Data Catalogサーバーに安全に接続するためのTalend Data Catalogの設定 - 7.3

Linux版Talend Data Catalogインストール&アップグレードガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
linux
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Data Catalog
Content
インストールとアップグレード

以下のステップは、SSL用の自己署名証明書を使っており(これは推奨されません)、メタデータ収集のためにHTTPS経由で別のTalend Data Catalogサーバーに安全に接続する目的でTalend Data Catalogを設定する場合にのみ必要です。以下の追加ステップが必要なのはそのように例外的なユースケースに限られます。

"Metadata Manager"として動作しているTalend Data Catalogサーバーから"メタデータ収集"エージェントとして動作しているTalend Data CatalogサーバーへのHTTPSをサポートするには、管理者はTalend Data Catalog収集エージェントサーバーが使っている信頼できる証明書をTalend Data Catalogメタデータマネージャーサーバーが使っているJREにインポートする必要があります。

プロセスの詳細は、http://docs.oracle.com/javase/tutorial/security/toolsign/rstep2.htmlをご参照ください。

たとえば、コマンドは次のようになります。

$ cd /opt/<TDC_HOME>/TalendDataCatalog/jre/lib/security
$ ../../../bin/keytool.exe -import -alias john -file YourOwnCertificate.cer -keystore jssecacerts