許可されている参照元を確認できるようTomcatを有効化 - 7.3

Linux版Talend Data Catalogインストール&アップグレードガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
linux
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Data Catalog
Content
インストールとアップグレード
保護を強化するには、許可されている参照元のTomcatによる確認を有効にします。

手順

  1. <TDC_HOME>/TalendDataCatalog/tomcat/conf/web.xmlファイルを編集します。
  2. Checks referer is allowedセクションで、2つのフィルターセクションのコメントを解除します。
    変数${server.fqdn}は、tomcat.properties内のM_SERVER_FQDNの値に置き換えられます。
  3. 他のURLからの参照を可能にするために、必要に応じてinit-paramセクションの数を増やします。
  4. M_SERVER_FQDN変数をlocalhostから<myMMServer.myDomain>に変更し、 <TDC_HOME>/TalendDataCatalog/tomcat/conf/tomcat.propertiesを編集します。