Talend Data Catalogのブリッジ - 7.3

Talend Data Catalogリリースノート

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Data Catalog
Content
データガバナンス
リリースノート

新しい機能と改良点

機能 説明
Oracle Business Intelligence (OBI) Enterprise Edition (サーバー): Oracle Analytics Serverの新しい手順 ブリッジツールヒントに、Oracle Analytics Serverの手順が追加されました。
Talend Data Integrationのエクスポート / Informatica PowerCenterインポート: Salesforceリーダー変換の新しいサポート SalesforceInputとSalesforceOutput (エクスポート)のサポートが追加されました。
Teradataデータベース(JDBC経由): ビューのインポートにビューのSELECT権限が必要 関数に固有な名前が追加されました。Queue Tableフラグとビューカラムデータ型の評価も追加されました。
IBM DataStage CHAR、VARCHAR、NVARCHARなどのようなDB2関数のサポートが追加されました。

注目される修正

問題 説明
Informatica Developer: カスタマイズされたデータオブジェクトコンポーネントのサポート リレーショナルデータオブジェクトリーダーのサポートが追加されました。
Teradata DML (BTEQ): さまざまな構文エラーが発生して、解析できない 以下のサポートが追加されました:
  • OVERLAPS、
  • データ型TIME(0) WITH TIME ZONE、
  • ネストされたスターコメント
Snowflake: SQL式構文の表示が認識されない SELECTステートメントでのTOPという句のサポートが追加されました。
Apache Spark (Python使用) / Databricks PySpark: ファイル接続名の変更 ファイル接続名の変更オプションが実装されました。
Google BigQuery: 式構文が認識されない 以下のサポートが追加されました:
  • バックスラッシュエスケープ、
  • INTERVAL日時定数、
  • IF式、
  • TIMESTAMP名、
  • r/Rで始まる文字列リテラル。
Microsoft SQL Server (JDBC経由): 接続のリンク時に、同じサーバーオブジェクトを選択できない ディレクトリーストラクチャーモデルの大文字/小文字の区別検出が改善されました。大文字と小文字を区別しないモデルに対するローカル接続の処理が修正されました。
Microsoft Power BI Repository Server: インポートが失敗し、"already contains a StoreConnection with this PhysicalName" (モデルにこのPhysicalNameを使ったStoreConnectionが既に含まれています)というエラーが表示される 共有データセットのサポートが改善されました。

-cオプションが-connection.castに置換されました。

OleDbデータソースのサポートが改善されました。

Microsoft SQL Server (JDBC経由): テーブルのメタデータを収集できない ユーザー定義タイプと同じ名前のあるテーブルに対して、カラムの処理が修正されました。
Informatica PowerCenter (ファイル): ブリッジによってクラウドデプロイ/SQL Overrideが解析されない Hive ReaderライタークラウドシステムとPostgresライタークラウドシステムのサポートが追加されました。

ADLSクラウドシステム、Azure Blobクラウドシステム、Amazon S3クラウドシステムのタイプ検出が改善されました。

Tableauサーバー Tableauサーバーからパッケージをダウンロードする場合に、発生する問題のトラブルシューティングに役立つログメッセージが追加されました。
W3C XSD データ型解析アルゴリズムが改善されました。

ユーザー定義タイプのチェックサム計算パフォーマンスを向上させました。

その他のパラメーターが追加されました。

Amazon S3: ルートディレクトリーの問題* / "IllegalArgumentException: Access key cannot be null" (IllegalArgumentException: アクセスキーはNULLにはできません) アクセスキーIDパラメーターを通常の文字列型に設定します。

空のルートディレクトリパラメーターに基づくように、"利用可能な全バケットからインポート"ロジックが変更されました。

認証情報が暗黙的に設定されている場合に、空のルートディレクトリーの処理が修正されました。

Talend Data Integration: テーブルをスティッチできない 式のないReader/Writerのconnection.casesensitiveのサポートが追加されました。
Hadoop Hive Metastore: 増分収集の問題 空のスキーマがすべてクリーンアップされるように、コードが追加されました。

外部スキーマ/データベース内の複数のテーブルに基づいたビューが修正されました。

IBM IISエクスポート/Microsoft SSAS/SSRSインポート: SSRSレポートのインポート時に、BIレポートアセット名が一意ではない クエリーデータセット名とフィールドデータセット名にSSRSデータセット名が追加されました。