Talend Data Catalogアプリケーション - 7.3

Talend Data Catalogリリースノート

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Data Catalog
Content
データガバナンス
リリースノート

注目される修正

問題 説明
SSO認証: サードパーティソフトウェアの更新後にエラーが発生する SAML外部サーバーを使ってログインする際のエラーを修正しました。
セキュリティの脆弱性: Log4j2 Apache Log4jバージョン2.17.1が含まれている最新のTalend Data Catalog累積パッチとインストールビルドを利用できるようになりました。
  • 自分のインストールサーバーとすべての収集サーバーに、TDC-bridges-CumulativePatch-7.3-20220105.zip以降およびTDC-CumulativePatch-7.3-20220105.zip以降を適用する必要があります。
  • アプリケーションでは次の操作が必要です。
    • アプリケーションサーバーを停止します。
    • TDC-7.3-20220105.zip以降をダウンロードします。
    • ダウンロードされたビルドから新しいtomcat/lib/log4j-_2.17.1.jarファイルを自分のインストールディレクトリーにコピーします。
    • 自分のインストールディレクトリーから古いtomcat/lib/log4j-_2.1x_.jarファイルを削除します。
    • アプリケーションサーバーを再起動します。
サードパーティソフトウェア: パッケージに古いライブラリーが残っている
  • TDC-bridges-CumulativePatch-7.3-20220105およびTDC-CumulativePatch-7.3-20220105 以降の最新の累積パッチでは、次の外部依存項目がアップグレードされています。
    • java/jsoup/jsoup-1.14.3.jar
    • tomcat/webapps/MM.war/WEB-INF/lib/jsoup-1.14.3.jar
    • tomcat/webapps/MM.war/WEB-INF/lib/velocity-engine-core-2.3.jar
    • tomcat/webapps/MM.war/WEB-INF/lib/velocity-tools-view-3.1.jar
    • tomcat/webapps/MM.war/WEB-INF/lib/joda-time-2.10.13.jar
    • tomcat/webapps/MM.war/WEB-INF/lib/xmlsec-2.3.0.jar
    • tomcat/webapps/MM.war/WEB-INF/lib/java-saml-core-2.8.0.jar
    • すべてのインストールビルドと累積パッチにあるMM.war
  • 次の外部依存項目はTDC-7.3-20220105からの最新インストールビルドでのみアップグレードされています。
    • java/DataQuality/jackson-annotations-2.10.5.jar
    • java/DataQuality/jackson-core-2.10.5.jar
    • java/DataQuality/jackson-databind-2.10.5.1.jar
    • java/DataQuality/slf4j-api-1.7.32.jar
    • java/DataQuality/slf4j-nop-1.7.32.jar
サードパーティソフトウェアとセキュリティの脆弱性: REST APIヘルプのSwaggerで使われているJackson MMDoc.warのJacksonにある依存項目が削除されました。
.csvファイルからの用語集インポート: インポートが失敗する .csvファイルから用語集をインポートすると、カテゴリーは作成されるものの用語集の属性(ステータスなど)を設定できないという問題が発生していました。このような属性はカテゴリーに適用できないため、インポート操作では、後続用語の親検索で新しく作成されたカテゴリーIDをオブジェクトキャッシュに挿入できませんでした。

今回の修正では、作成関数での作成論理と属性設定論理が分離されました。これにより、属性のセット処理が成功したかどうかに関わらずカテゴリーIDがキャッシュに挿入されるようになりました。

モデルのインポート: PostgreSQLデータベースのリポジトリーに大型のモデルを保存すると「ステートメントのパラメーター値をバインドできない」というエラーメッセージが表示される。 問題が修正されました。