キャンペーンの作成 - 7.3

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Data Stewardship
Content
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > セマンティックタイプの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理

キャンペーンの作成や定義のステップは取り組むキャンペーンによって異なります。

キャンペーンには次の4つのタイプがあります。
  • [Arbitration] (アービトレーション)キャンペーンは、タスクで選択できるアービトレーションのリストを定義します。アービトレーションタスクの結果として、データスチュワードによりアービトレーションの選択が行われます。
  • Resolution (レゾリューション)キャンペーンを使用すると、無効または欠損している値などデータレコードの異常をデータスチュワードが解決できるようになります。
  • Merging (マージング)キャンペーンを使用すると、データスチュワードは重複が疑われるデータレコードを1つのマスターレコードにマージできます。
  • Grouping (グルーピング)キャンペーンは、レコードのペアまたはグループで選択できるアービトレーションのリストを定義します。データスチュワードによるレコードグループの選択の結果がグルーピングタスクとなります。
キャンペーンの作成と定義は次の4つのステップで構成されます。
  1. [GENERAL] (全般): キャンペーンメタデータの定義
  2. [ROLES] (ロール): キャンペーンでのロールの定義
  3. [DATA MODEL] (データモデル): データモデルの定義、管理対象データの構造
  4. [WORKFLOW] (ワークフロー): 1つの状態から別の状態へのタスク移行を制御するワークフローの定義

各タイプのキャンペーンの作成と定義の詳細は、解決の定義マージンググルーピングアービトレーションキャンペーンを参照してください。