ジョブ実行の設定とジョブの実行 - 7.3

Delimited

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 列区切り文字付き
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 列区切り文字付き
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 列区切り文字付き

手順

  1. Extraビューの[Job](ジョブ)タブをクリックします。
  2. 2つのジョブを同時に実行するために、[Multi thread execution] (マルチスレッド実行)チェックボックスをオンにします。2番目のジョブはtSleepで設定されたプロパティに従って1秒遅れている点にご注意ください。このオプションを使用すると、tFileDelimitedコンポーネントにより、tFileFetchによって読み込まれるとすぐにデータを取得できます。
  3. ジョブを保存し、[F6]を押して実行します。
    データは、読み込まれるとすぐにコンソールに表示されます。

    tFileInputDelimitedでのダイナミックスキーマの使用に関するシナリオについては、データベースから出力ファイルへのダイナミックカラムの書き込みを参照してください。