コンポーネントの設定 - 7.3

Delimited

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 列区切り文字付き
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 列区切り文字付き
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 列区切り文字付き

手順

  1. tFileInputDelimitedコンポーネントを再度選択し、基本設定を定義します。
  2. [File Name] (ファイル名)フィールドにファイルのパスを入力します。このフィールドは必須です。
    警告:

    ファイルのパスにアクセント記号付きの文字が含まれていると、ジョブの実行時にエラーメッセージが表示されます。

  3. 行の終わりの識別を可能にする[Row Separator] (行区切り)を定義します。行内のフィールドの区切りに使用する[Field separator] (フィールド区切り)を定義します。
  4. このシナリオでは、ヘッダーとフッターの制限が設定されていません。処理される行の[Limit] (制限)数は50に設定されています。
  5. [Schema] (スキーマ)をローカル([Built-in] (組み込み))またはリモート管理([Repository] (リポジトリー))として設定して、tLogRowコンポーネントに渡すデータを定義します。
  6. [Edit Schema] (スキーマを編集)機能を使用してスキーマをロードおよび/または編集できます。
    関連項目: 『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。
  7. エンコーディング標準を入力すると、入力ファイルがエンコードされます。この設定は、すべての入力ファイルと出力ファイルの一貫性を保証するためのものです。
  8. tLogRowを選択し、出力表示に使用する[Field separator] (フィールド区切り)を定義します。関連項目: tLogRow
  9. 表示される出力のカラムラベルを取得するには、[Print schema column name in front of each value] (各値の前にスキーマのカラム名を表示)チェックボックスをオンにします。