tDotNetInstantiateの設定 - 7.3

DotNET

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DotNETコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > DotNETコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DotNETコンポーネント

このタスクについて

tDotNetInstantiateコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)で、次の手順に従います。

手順

  1. ロードするDLLを[DDL to load] (ロードするDDL)フィールドに指定します。DLLは、システムアセンブリまたはカスタムDLLにできます。

    システムアセンブリの場合は、目的のシステムアセンブリの名前を指定できます(たとえば、 “System.Data, Version=2.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089”)。カスタムDLLの場合は、DLLへの絶対パスを入力する必要があります(たとえば、"C:\\WINDOWS\\system32\\ClassLibrary1.dll)"

  2. [Fully qualified class name] (完全修飾クラス名)フィールドにクラス名とネームスペースを指定します。
  3. コントラクター用のパラメーター値を[Value(s) to pass to the constructor] (コンストラクターに渡す値)フィールドに設定します。