tDotNETInstantiateの設定 - 7.3

DotNET

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DotNETコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > DotNETコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DotNETコンポーネント

手順

  1. tDotNETInstantiateをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、コンポーネントのプロパティを定義します。
  2. [Dll to load] (ロードするDLL)フィールドの横の[...]ボタンをクリックして、ロードするDLLファイルを参照します。または、フィールドにアセンブリを入力します。この例では以下を使用します。
    "C:/Program Files/ClassLibrary1/bin/Debug/ClassLibrary1.dll""
  3. [Fully qualified class name] (完全修飾されたクラス名)フィールドに、使用する有効なクラス名を入力します。この例では以下を使用します。
    "Test1.Class1"
  4. [Value(s) to pass to the constructor] (コンストラクターに渡す値)テーブルの下の[+]ボタンをクリックして、コンストラクターに渡す値の新しい行を追加します。
    この例では以下を使用します。
    Hello world!