tDotNETRowの設定 - 7.3

DotNET

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DotNETコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > DotNETコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DotNETコンポーネント

手順

  1. tDotNETRowをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、コンポーネントのプロパティを定義します。
  2. [Propagate data to output] (データを出力にプロパゲートする)チェックボックスをオンにします。
  3. [Use an existing instance] (既存のインスタンスを使用する)チェックボックスをオンにし、右側の[Existing instance to use] (使用する既存のインスタンス)リストからtDotNETInstantiate_1を選択します。
  4. [Method Name] (メソッド名)フィールドに、使用するメソッド名を入力します。この例では、カスタムメソッドである"getValue"を使用します。
  5. [Edit schema] (スキーマを編集)の横の[...]ボタンをクリックして、1つのカラムをスキーマに追加します。
    テーブルの下の[+]ボタンをクリックして新しいカラムをスキーマに追加し、[OK]をクリックして設定を保存します。
  6. [Output value target column] (値を出力する対象カラム)リストからnewColumnを選択します。