tLogRowの設定 - 7.3

DotNET

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DotNETコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > DotNETコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DotNETコンポーネント

手順

  1. tLogRowをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、コンポーネントのプロパティを定義します。
  2. [Sync columns] (カラムの同期)ボタンをクリックし、前のコンポーネントで定義されているスキーマを取得します。
  3. [Mode] (モード)エリアで[Table] (テーブル)を選択します。

タスクの結果

ジョブを保存し、[F6]を押して実行します。

結果からは、テキストReturn Value from Class1が、取得した値Hello worldの前に追加されていることがわかります。