tDropboxPut標準プロパティ - 7.3

Dropbox

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Dropbox
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Dropbox
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Dropbox

これらのプロパティを使って、標準ジョブフレームワークで実行されているtDropboxPutを設定します。

標準tDropboxPutコンポーネントはCloudファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

Use existing connection (既存の接続を使用)

定義済みの接続の詳細を再利用するには、このチェックボックスをオンにして、[Component List] (コンポーネントリスト)で該当する接続コンポーネントをクリックします。

[Access Token] (アクセストークン)

接続する必要のあるDropboxアカウントで求められるアクセストークンを入力します。Studioは、このアクセストークンにより、Dropboxアカウントに対してDropbox API呼び出しを行うことができます。

アクセストークンを生成する前に、そのアカウントでDropbox Appが作成済みとなっている必要があります。Dropboxのアクセストークンについては、https://www.dropbox.com/developers/blog/94/generate-an-access-token-for-your-own-accountを参照してください。

Use HTTP Proxy (HTTPプロキシを使用する)

プロキシを使用している場合は、このチェックボックスをオンにして、表示される対応フィールドにプロキシのホストとポートの情報を入力します。

Path (File Only) (パス(ファイルのみ))

コンテンツの書き込みに必要なファイルをポイントするパスを入力します。このファイルが存在しない場合は、ここで作成されます。

パス文字列の先頭はスラッシュ(/)にする必要があります。これは、現在のアクセストークンを使用しているDropbox Appのルートフォルダーです。

アップロードモード

使用するアップロードモードを選択します。

  • Rename if Existing (ファイルが既に存在する場合は名前を変更する): アップロードされたファイルは自動的に名前が変更されます。たとえば、test.txtというファイルの名前はtest (1).txtに変更されます。

  • Replace if Existing (ファイルが既に存在する場合は置き換える): 既存のファイルが、アップロードされたファイルに置き換えられます。

  • Update specified Revision (指定のリビジョンを更新する): アップロードするファイルがそのファイルの特定のリビジョンの更新に使用されます。指定したリビジョンが最新リビジョンの場合、Dropboxの既存のファイルが置き換えられます。それが古いリビジョンである場合、アップロードしているファイルの名前は、競合が発生したことを反映する名前に変更されます。リビジョンが存在しない場合、エラーが返されます。

受信コンテンツをファイルとしてアップロード

このラジオボタンを選択すると、データが先行コンポーネントの入力フローから直接読み取られ、[Path] (パス)フィールドで指定したファイルに書き込まれます。

[Schema] (スキーマ)および[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

このコンポーネントのスキーマは、[content]という単一の読み取り専用カラムで、入力スキーマの[content]カラムからのみデータを受け取ります。このことは入力データフローの[content]カラムを使用してデータを転送し、アップロードする必要があることを意味しています。このタイプのカラムは、通常tFileInputRawコンポーネントによって提供されます。詳細は、tFileInputRawを参照してください。

[Expose as OutputStream] (OutputStreamとして公開)または[Upload local file] (ローカルファイルのアップロード)ラジオボタンが選択されている場合、[Schema] (スキーマ)フィールドは使用できません。

Upload local file (ローカルファイルのアップロード)

ローカルで保存されたファイルをDropoxにアップロードする場合は、このラジオボタンをオンにします。表示される[File] (ファイル)フィールドで、パスを入力するか、このファイルを参照する必要があります。

Expose as OutputStream (OutputStreamとして公開)

このコンポーネントの出力ストリームをOUTPUTSTREAMという変数として公開することで、他のコンポーネントがこの変数を使って、公開出力ストリームにアップロードする内容を書き込めるようにする場合は、このチェックボックスをオンにします。

たとえば、tFileOutputDelimitedコンポーネントの[Use output stream] (出力ストリームの使用)機能を使って、特定のtDropboxPutの公開出力ストリームをフィードできます。詳細は、tFileOutputDelimitedを参照してください。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

ERROR_MESSAGE

エラー発生時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントでは、スタンドアロンのサブジョブでローカルファイルをDropboxに直接アップロードするか、ジョブフローの終了コンポーネントとしてフローで処理される特定のデータをアップロードするか、いずれの操作を行います。