アップロードするメディアデータの定義 - 7.3

Dropbox

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Dropbox
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Dropbox
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Dropbox

手順

  1. tFileInputRawをダブルクリックして、その[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
    このコンポーネントを使用して、esb_architecture.pngという画像をデータフローに読み込みます。実際の作業では、このファイルはpdf、xls、mp3など多種多様な形式になる場合があります。
  2. [Filename] (ファイル名)フィールドに、アップロードする必要があるファイルへのパスを入力するか、参照します。
  3. [Mode] (モード)エリアで、[Read the file as a bytes array] (ファイルをバイト配列として読み取る)ラジオボタンをオンにします。