出力ストリームの定義 - 7.3

Dropbox

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Dropbox
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Dropbox
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Dropbox

手順

  1. tFileOutputDelimitedをダブルクリックして[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Use output stream] (出力ストリームを使用する)チェックボックスをオンにして、特定の出力ストリームに出力するデータを書き込みます。
  3. [Output stream] (出力ストリーム)フィールドで、データを書き込む必要がある出力ストリームを定義します。このシナリオでは、現在のコンポーネントとリンクされたtDropboxPut_1コンポーネントの出力ストリームです。したがって、データの書き込みに使用されるコードは次のようになります:((java.io.OutputStream)globalMap.get("tDropboxPut_1_OUTPUTSTREAM"))
    この例のコードでは、tDropboxPutコンポーネントの接辞は数字の1です。これは、このジョブ内で自動的に分配されたコンポーネントIDを表します。使用しているtDropboxPutコンポーネントのIDが異なる場合、コードをそのID番号に合わせて変更する必要があります。
  4. [Edit schema] (スキーマを編集)をクリックして、このコンポーネントのスキーマが、先行tFixedFlowInputコンポーネントのスキーマと同一であることを確認します。同一でない場合、[Sync columns] (カラムの同期)ボタンをクリックして、両方のスキーマを同一にします。
  5. [Advanced settings] (詳細設定)タブに移動します。
  6. [Custom the flush buffer size] (フラッシュバッファーサイズのカスタマイズ)チェックボックスをオンにします。これにより、[Row number] (行番号)フィールドに1が自動的に追加されます。