受信コンテンツのアップロード - 7.3

Dropbox

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Dropbox
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Dropbox
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Dropbox

手順

  1. tFileInputRawにリンクされたtDropboxPutをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Use existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスをオンにして、tDropboxConnectionによって作成された接続を再使用します。
  3. [Path] (パス)フィールドに、データの書き込みに必要なファイルを参照するパスを入力します。パスの前にスラッシュ(/)を付けてください。たとえば、/architecture.pngと入力します。
  4. [Upload mode] (アップロードモード)エリアで[Rename if Existing] (ファイルが既に存在する場合は名前を変更する)をオンにします。
  5. [Upload incoming content as file] (受信コンテンツをファイルとしてアップロード)ラジオボタンをオンにします。オンにすると、[Edit schema] (スキーマを編集)ボタンが表示されるので、このコンポーネントの読み取り専用スキーマを表示できます。