ジョブの実行 - 7.3

Dynamic Schema

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > 動的スキーマコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > 動的スキーマコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > 動的スキーマコンポーネント

手順

  1. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存します。
  2. [F6]を押して実行します。

タスクの結果

出力ファイルはダイナミックスキーマを使用してデータベースから取得した、すべてのカラム名と対応するデータで書き込まれます:

注:

ジョブは[Traces Debug] (トレースデバッグ)モードで実行することもできます。これにより、出力ファイルに書き込まれている行をワークスペースに表示できます。

ダイナミックスキーマの定義とマッピングの詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。